読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神大生たちのハァハァ

神戸大学で学んだこと。

広告

特別な意味が込められた曲

動画
広告

ELLEGARDEN -ジターバグ-

下北沢の王将にて、ELLEGARDENの活動に行き詰り、悩んでいた細美武士EASY GRIPのMASSUNは「インディーズやれなくなったらアマチュアになれば。で、アマチュアライヴハウス出れなくなったら、路上で弾き語りでもすればええんちゃうんか。それでもおまえは音楽を続けていくんやろ?」と言った。

細美武士はこの言葉に感銘を受け、一気に「ジターバグ」を書き上げた。

この話は伝説として古くからのファンの間で今でも語り継がれている。

www.youtube.com

 

majority blues -チャットモンチー

ボーカルを務める橋本絵莉子が16歳の時、文化祭での演奏の為、チャットモンチーを結成した。そして彼女が22歳の時にメジャーデビューを果たす。

「majority blues」は、そんな彼女のストーリーになっている。ライブハウスからの帰り道、上京、故郷である徳島を思う気持ちが描がかれている。過去を振り返る曲と同時に、これからの決意表明の歌のようにも聞こえる一曲である。

 

www.youtube.com

 

Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜 -YEN TOWN BAND

映画「スワロウテイル」に登場する架空のバンド「YEN TOWN BAND」が、現実の世界でデビューした時の一曲。 実際はCHARAがボーカルを務めている。

一攫千金を求めてやってきた無国籍集団だったYEN TOWN BANDはこの曲を機に、スターダムを駆け上がっていく。

 この曲を作詞した小林武史は、この曲を書いた時「ああ、今が自分のピークだ」と思ったという。

 

www.youtube.com

  

ASIAN KUNG-FU GENERATION -ソラニン-

浅野いにおの漫画「ソラニン」に登場する種田成男が作詞作曲した曲である。

音楽の才能がないと言う種田に、交際相手の芽衣子は「バンドに力を入れて欲しい」と自分の思いをぶつける。その一言で種田はもう一度バンド活動に熱を入れ、自身の新曲である「ソラニン」を歌う。

そんな中、種田は交通事故で他界する。芽衣子は「彼が居た事を証明し続けるのが、わたしの役割なのかもしれない」と言い、種田のギターを手に取る。芽衣子はギターの練習を重ね、ライブハウスのステージに立ち、芽衣子のボーカルで種田の残した曲「ソラニン」を歌った。

www.youtube.com

 

広告