読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神大生たちのハァハァ

神戸大学で学んだこと。

広告

【受験生へ】神戸大学への行き方

受験 大学生
広告

文学部、理学部、農学部、工学部、経済・経営・法学部、発達科学部で受験する人

使う鉄道別に分けて説明します。

今回は、JRと阪急を使う人に向けて書いていきます。神戸大学は学部ごとに降りるバス停が違うので、非常に分かりにくいです。時間があるなら下見をしておくことをお勧めします。

六甲道駅スタートの人へ

改札を出て左折(北側に出る)したら、バスのロータリーがあります。

そのロータリー北側にある、36系統のバス停に並んでバスに乗りましょう。

当日は長蛇の列が出来るので、違うバス停に並ばないように注意!!

何系統のバス停かは、大きな看板が出てるのですぐ分かります。

36系統のバスに乗ったらへ進む

 

阪急六甲スタートの人へ

改札出てすぐ、1階に降りてください。エスカレーターで下に降りれるのですぐ分かります。

山側(北側)に向かって坂をちょっと登ると、36系統のバス停があるのでそこに並びましょう。

→36系統のバスに乗ったらへ進む

 

36系統のバスに乗ったら

・文学部、理学部、農学部のキャンパス

「文理農学部前」で降りる。

 

・工学部のキャンパス

「本部工学部前」で降りる。

 

・経済、経営学部のキャンパス

神大正門前」で降りる。

 

・法学部のキャンパス

「六甲台」で降りる。

 

・発達科学部のキャンパス

「発達科学部前」で降りる。

 

それぞれバス停で降りたら、当日は案内がいるので、降りたらどこに行けば分かります。

 

国際文化学部で受験する人

六甲道駅スタートの人へ

改札を出て左折(北側に出る)したら、バスのロータリーがあります。

そのロータリー西側にある、16系統のバス停に並んでバスに乗りましょう。

当日は長蛇の列が出来るので、違うバス停に並ばないように注意!!

何系統のバス停かは、大きな看板が出てるのですぐ分かります。

→16系統のバスに乗ったらへ進む

 

阪急六甲スタートの人へ

改札出てすぐ、1階に降りずにまっすぐ歩きます。突き当たりを右折し、エスカレーターを降りると16系統のバス停があるので、そこに並びましょう。位置的には、踏切よりも海側(山と反対側)に降ります。坂を下りていくイメージです。

→16系統のバスに乗ったらへ進む

 

16系統のバスに乗ったら

「国際文化学部前」というバス停で降ります。目の前に見えるキャンパスに向かって陸橋を渡ればすぐです。

そこからは案内がいるので、流れに沿って行けば大丈夫です。

 

 

交通手段のアドバイス

交通手段がほとんどバスやからめっちゃ混む

当日はバスはめっちゃ混むと思います。自分が乗りたいと思っていたバスに乗れない可能性は十分にあります。

バスに乗っている時間は20分程度なのですが、40分くらいかかると考えておいた方がいいと思います。

 

タクシーという選択肢もあり

朝はバタバタするので、タクシーという選択肢も頭に入れておきましょう。

迷うことはないし。満員のバスに乗って朝からストレス感じるよりも100倍良いかも。

1000円もあれば十分たどり着きます。

 

帰りは歩くのも楽しいよ

受験が終わって、綺麗な景色見ながら降りれるのは最高の気分です。標高が高いので、明かりがつき始めた神戸の夜景を見ながら降りるのは気持ちいいですよ。

ただ、次の日の筋肉痛は覚悟しておきましょう。笑

神戸大には「100年記念館」という絶景スポットがあるので、帰りに寄るのもオススメです!

 

みんな!健闘を祈る!!

 

広告